今週の重賞【京成杯AH】

 
 
重賞ビーム 2020 (サラブレBOOK)
Amazon(アマゾン)
3,903〜5,740円
勝ち馬がわかる血統の教科書
Amazon(アマゾン)
1,000〜4,540円
 
 
【🛤京成杯AH🛤】
 
☆調教傾向
 
2019年
1着トロワゼトワル 併用6本
栗坂 54.1-39.1-25.1-12.1 G前強め
2着ディメンシオン 併用3本
栗坂 53.5-37.8-24.2-12.0 G前強め
3着ジャンダルム 併用8本
CW 83.3-67.7-52.1-38.5-11.6 一杯⑦
内併走馬に先行して併入、中併走馬に先着
 
2018年
1着ミッキーグローリー 坂6本
美坂 51.8-37.9-25.1-12.8 馬なり
併走馬に併入
2着ワントゥワン 併用5本
DP 64.9-51.0-37.6-11.6 馬なり
3着ロジクライ 坂7本
栗坂 51.1-37.5-25.0-12.7 G前強め
併走馬に先着
 
2017年
1着グランシルク W5本
南W 66.7-51.4-37.7-12.7 馬なり
2着ガリバルディ 併用8本
CW 54.0-39.1-12.3 強め⑧
外併走馬を追走し遅れ
3着ダノンリバティ 坂4本
栗坂 54.1-39.2-25.6-12.4 馬なり
併走馬に併入
 
2016年
南W 68.3-52.2-38.0-12.8 馬なり
外併走馬を追走し併入
南W 69.3-54.2-39.0-12.6 仕掛け⑦
内併走馬に先着、外併走馬に先着
3着ダノンプラチナ 併用12本
南W 68.0-53.4-39.2-12.4 馬なり
内併走馬に併入
 
2015年
1着フラアンジェリコ 併用7本
南W 69.9-53.9-39.9-13.8 強め⑥
2着エキストラエンド 併用6本
CW 70.6-54.4-39.2-12.0 一杯⑨
内併走馬に先行し先着、中併走馬に先行し先着
3着ヤングマンパワー 併用5本
美P 71.2-55.5-41.7-13.7 馬なり
 
 
調教パターンは、併用10頭、坂路3頭、W2頭。
ここは併用調教している馬が良いですね。
さらにここ2.3年は、坂路で動きの良い馬が馬券に絡むことが多いですね。
一応近3年では、Wオンリーのグランシルクを除く馬券内の全馬が、中間か最終に坂路でラスト2F25秒を切る時計を出しています。
併用調教かつ坂路で動きの良い馬には注目。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
☆脚質傾向
 
2019年
15時 南東3m 16時 南東3m 晴れ☀️良
1F12秒3 3F33秒3 5F55秒4 1分30秒3 H
12.3-10.6-10.4-10.9-11.2-11.4-11.5-12.0
逃ー外先ー内先 1-3-3
 
2018年
15時 南南西3m 16時 南南西4m 晴れ☀️良
1F12秒5 3F34秒7 5F58秒1 1分32秒4 M
12.5-10.7-11.5-12.2-11.2-11.4-11.5-11.4
外差ー外追ー内差 9-15-6
 
2017年
15時 南南西3m 16時 南南西3m 晴れ☀️良
1F12秒5 3F34秒6 5F57秒1 1分31秒6 M
12.5-10.9-11.2-11.2-11.3-11.5-11.6-11.4
外差ー外差ー外差 9-11-7
 
2016年
15時 東北東2m 16時 東南東2m 曇り☁️良
1F12秒5 3F35秒1 5F58秒0 1分33秒0 M
12.5-11.2-11.4-11.3-11.6-11.7-11.5-11.8
外差ー内差ー外追 10-7-12
 
2015年
15時 南南西4m 16時 南南西2m 曇り☁️良
1F12秒7 3F35秒4 5F58秒7 1分33秒3 M
12.7-11.3-11.4-11.6-11.7-11.5-11.3-11.8
外追ー内差ー外差 15-4-9
 
 
昨年はトロワゼトワルの逃げが決まりましたが、近5年では圧倒的に差し、追い込み馬の成績が良い舞台ですね。
ペースも基本的にM以上になり、前に行く馬には厳しくなりますが、昨年のように1分30秒台の高速レースになると、後ろから行く馬もタイム的に付いていけなくなりますね。
馬場状態は注目で、タイムがあまりにも速くなりそうなら前の馬。
標準レベルの1分32秒前後〜33秒くらいになりそうなら、後方から上がりを使える馬に注目をしてみたい。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
☆データ
 

①前走(距離)


近5年で、前走1400m以下を使って馬券に絡んだ馬はトロワゼトワル1頭のみ。

前走1400m以下の馬は注意。
一応もう少しさかのぼると、7年前にエクセレントカーブという馬が、前走1400m使用から勝利していますが、エクセレントカーブは3連勝中だったため、トロワゼトワル同様、前走勝っている1400m組は要注意。

 

☆前走1400m以下で勝利

 

アルーシャ

アフランシール

 

 

②近走(上がり)


過去5年の馬券内馬全てが近2走内に上がり5位以内がある。


☆近2走内に上がり6位以内がある馬

 

ボンセルヴィーソ、ストーミーシー、トロワゼトワル、スマイルカナを除く馬

 

③マイル以上実績


亀谷先生の『重賞ビーム』に注目ポイントとして、マイル以上の上級条件好走馬を上げています。
1600万以上のマイルより長いレースで好走経験ある馬は注目。


☆上級条件の1700m以上戦で勝利あり。

 

アンドラステ

 

 

④血統

 

ディープインパクトが(1.4.1.8)と好成績。

他のサンデー系も馬券絡みはありますが、信頼度は低め。

キングマンボ系、ロベルト系、サドラーズウェルズ系、ダンチヒ系からも馬券内はありますが、やはりここは父ディープインパクトを軸にしておくのが安心でしょう。

母父には、欧州系の大系統ノーザンダンサー系を持つ馬が良く、ダンチヒ系やノーザンダンサー系が入っていれば良いですね。

 

 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
詳しくは次回の最終予想で書きます。
良かったらご覧ください。
 
 
⬇️クリックとブログインもお願いします⬇️
 
 
 
 


最強競馬ブログランキングへ

 
 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
 


競馬ランキング