今週の重賞【オールカマー】

 
 
重賞ビーム 2020 (サラブレBOOK)
Amazon(アマゾン)
3,903〜5,740円
勝ち馬がわかる血統の教科書
Amazon(アマゾン)
1,000〜4,540円
 
 
【💪オールカマー💪】
 
☆調教傾向
 
2019年
1着スティッフェリオ 坂6本
栗坂 52.0-37.9-24.8-12.5 一杯
併走馬に併入
2着ミッキースワロー 併用6本(P)
南W 65.2-51.0-38.2-12.0 強め⑥
中併走馬を追走し先着、外併走馬を追走し先着
3着グレイル 併用9本
CW 79.5-64.8-51.0-38.0-12.1 強め⑧
 
2018年
1着レイデオロ 併用10本
南W 69.6-53.8-39.9-12.8 馬なり
中併走馬を追走し併入、外併走馬を追走し先着
2着アルアイン 併用8本(札ダ)
栗坂 52.4-38.3-24.7-12.2 G前強め
併走馬に併入
3着ダンビュライト 坂11本
栗坂 50.2-37.2-24.7-12.7 一杯
併走馬に先着
 
2017年
1着ルージュバック 併用5本
南W 52.3-38.1-12.4 直線強め④
中併走馬に先着、外併走馬に先着
2着ステファノス 併用9本
栗芝 64.0-48.8-35.1-11.6 一杯①
3着タンタアレグリア 併用12本
南W 82.3-66.8-51.7-37.5-12.7 G前強め
内併走馬を追走し併入、中併走馬を追走し併入
 
2016年
1着ゴールドアクター W10本(函W)
南W 83.4-67.0-52.6-38.7-12.8 馬なり
内併走馬を追走し先着
2着サトノノブレス 併用8本
CW 55.9-40.4-12.8 強め⑨
3着ツクバアズマオー W6本(北C、札ダ)
南W 65.8-51.0-37.5-12.7 直線一杯①
 
2015年
栗坂 55.8-40.4-26.1-12.7 馬なり
2着ヌーヴォレコルト 併用6本
南W 83.2-67.3-53.0-38.5-12.7 仕掛け③
3着ミトラ 坂7本
美坂 53.2-39.3-26.1-13.1 G前強め
 
 
調教パターンは、併用9頭、坂路4頭、W2頭。
まぁ何でも来ますので、セントライト記念のように坂路組を軽視しなくても良さそう(坂路オンリーだったバビットも勝ったし、、、)
軸向きなのは、セントライト記念と同じく、Wで3頭併せ馬をしている馬。
必ずしも先着は必要ではありませんが、追走の形から併入or先着の形に持ち込んでいる馬は注目が必要でしょう。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
☆脚質傾向
 
2019年
15時 東北東2m 16時 東北東2m 曇り☁️良
1F12秒6 3F36秒6 5F1分1秒8 2分12秒0 S
12.6-11.2-12.8-12.6-12.6-12.2-12.2-11.8-11.2-11.0-11.8
逃ー外追ー内追 1-8-8
 
2018年
15時 東南東2m 16時 南東3m 晴れ☀️良
1F12秒6 3F35秒9 5F1分0秒5 2分11秒2 M
12.6-10.6-12.7-12.3-12.3-11.7-11.8-11.9-11.8-11.5-12.0
内差ー内先ー内差 8-2-6
 
2017年
15時 東南東2m 16時 南南東2m 曇り☁️良
1F12秒8 3F37秒7 5F1分3秒1 2分13秒8 S
12.8-11.7-13.2-12.9-12.5-12.5-12.1-11.3-11.2-11.6-12.0
内差ー中差ー外差 4-5-8
 
2016年
15時 東1m 16時 南南東2m 曇り☁️良
1F12秒3 3F35秒4 5F59秒9 2分11秒9 M
12.3-11.2-11.9-12.0-12.5-12.1-12.3-12.2-12.1-11.3-12.0
外差ー外差ー内差 6-4-8
 
2015年
15時 北東2m 16時 北東2m 晴れ☀️良
1F12秒5 3F35秒8 5F1分0秒8 2分11秒9 S
12.5-10.9-12.4-12.4-12.6-12.6-11.9-11.7-11.4-
11.7-11.8
内捌外差ー内差ー外差 9-7-5
 
 
セントライト記念同様、逃げはたまにしか決まらず、差しが圧倒的に強いレース。
番手、3番手にいた馬も皐月賞アルアインくらいしか馬券に絡んでいない為、逃げ、先行勢を軸にするのは危険⚠️
セントライト記念と似ているのは、内から差してくる馬が多いということ。
ルージュバックヌーヴォレコルトのように、スタート決めて好位の内に潜り込むのが好走の秘訣だが、そうするには鞍上の技術が必要不可欠ですので、G1数勝クラスのジョッキーが乗っていると心強い。
過去5年、ペースはS→Mの繰り返しで綺麗に並んでいるので、今年はMペースの番か?
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
☆データ
 

①-1前走(G1組)


過去5年の馬券内馬15頭中、10頭は前走G1を使用。
対馬で言うと、ミッキースワローを除く9頭が前走G1使用組。
軸にするなら前走G1組は間違いない。


☆前走G1を使用した馬

 

オウケンムーン

フィエールマン

ミッキースワロー

 

①-2前走(宝塚記念)


前走G1組の中でも、宝塚記念組は近5年で9頭が出走して5頭が馬券内。
中でも、宝塚記念で一桁着順は信頼度が高い。


☆前走、宝塚記念で一桁着順。


該当馬無し

 
 
②近走(上がり)
 
過去5年、馬券に絡んだ15頭中11頭は近2走内に上がり5位以内がある。
 
☆近2走内に上がり5位以内
 
ジェネラーレウーノ
ステイフーリッシュ
 
 

③血統


基本的にはセントライト記念と同じ傾向。
近5年、父はディープ系、Tサンデー系が11頭馬券に絡んでおり、これが主軸。
父ロベルト系、キングマンボ系も2頭づつ馬券内で、買えるのはここまで。
ディープ系、Tサンデー系以外のサンデー系は、馬券内に来ていないので注意⚠️
母方は、ヴァイスリージェント系やストームバード系、ボールドルーラー系、ミスプロ系など、米国のスピードタイプの血統を持つ馬がよく来ます。

また、昨年グレイソブリン系を4Lに持つミッキースワローとグレイルが2.3着した事から、グレイソブリン系を持つ馬にも注目。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
注目馬は2頭で迷ったが、より人気の無さそうなこちら!
 
 
センリュオ
 
母父エンドスィープ(2.1.0.0)
 
戸崎騎手
高野厩舎(2.0.0.2)
f:id:jyunkyuyodoyuki:20200923224910j:image
 
インから差して来そうな馬は、これかカレンブーケドール と思いました。
レンブーケドールより人気は落ちるものの、ディープインパクト産駒の5歳牝馬ですが、まだ伸びしろは感じますね。
とりあえず注目したいのは、2200m実績‼️
昨年のエリザベス女王杯では、後の宝塚記念馬クロノジェネシスに先着。
また、その宝塚記念を除くと、2200mでは(1.2.0.0)と連対を外していません。
血統に関しても言うことはいろいろあって、まず母父エンドスィープと言えば、スィープトウショウ、アドマイヤムーン宝塚記念馬2頭を輩出‼️
この2頭はあまり中山実績ないやろ⁉️と言われそうですが、中山実績に関しては叔父のトーセンジョーダンAJCCを勝っています。
京都新聞杯レコード勝ちのトーセンホマレボシもいる血統ですので、2200mこそがベスト。
ここで負けても、今年はエリザベス女王杯狙えると思います。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
いかがでしょうか?
アドマイヤキラメキの仔は、トーセン系とアドマイヤの英子オーナー系が入る名血がズラリと並ぶ血統図。
ここにセンテリュオの名がさらに刻まれることを期待します。
 
では、現時点での印
 
◎センテリュオ
○カレンブーケドール 
▲フィエールマン
△ミッキースワロー
 
詳しくは次回の最終予想で書きます。
良かったらご覧ください。
 
 
⬇️クリックとブログインもお願いします⬇️
 
 
 
 


最強競馬ブログランキングへ

 
 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
 


競馬ランキング