今週の重賞【🍁秋華賞🍁】今週もメジロの血が騒ぐ

こんにちは😃
 
前回からAmebaに復帰しました☺️
せっかくなんで宣伝もしておきます。
私が愛するbabymetalの10周年を振り返る『別冊カドカワ』が昨日から発売になっています。
メンバーの2人のロングインタビューが載っていて、ファンには必見の内容ですよー。
また、まだ知らないけど興味あるって方も、YouTubeの動画と共に、こちらを見ていただけるとより彼女達の事を知れると思います。
良かったら購入してね🥰
 
 
 
【Amazon.co.jp 限定】別冊カドカワ 総力特集 BABYMETAL STAY METAL 限定絵柄ポストカード付き
Amazon(アマゾン)
4,380円
 
 
さて、本文の競馬の方の参考資料は、もちろん亀谷先生の著書2冊‼️
亀谷派も井内派も全国に数少ない夏目派も(笑)
とりあえず血統はこの本を見て勉強しましょう。
 
 
重賞ビーム 2020 (サラブレBOOK)
Amazon(アマゾン)
3,903〜5,740円
勝ち馬がわかる血統の教科書
Amazon(アマゾン)
1,000〜4,540円
 
 
【🍁秋華賞🍁】
 
☆調教傾向
 
2019年
1着クロノジェネシス W9本
CW 83.0-66.7-52.4-38.3-11.9 仕掛け⑧
外併走馬を追走し併入
2着カレンブーケドール 坂5本
美坂 52.1-37.9-24.6-12.3 馬なり
併走馬に併入
3着シゲルピンクダイヤ 併用4本
栗坂 55.0-39.8-24.9-12.4 G前強め
 
2018年
1着アーモンドアイ 併用6本
美坂 49.7-37.0-24.7-12.5 馬なり
併走馬に先着
2着ミッキーチャーム 併用6本
CW 82.5-66.7-51.3-37.4-11.3 仕掛け⑧
3着カンタービレ 併用4本
CW 83.8-66.9-51.3-37.3-12.0 馬なり
外併走馬を追走し併入
 
2017年
1着ディアドラ 坂7本
栗坂 54.6-39.4-25.4-12.3 一杯
2着リスグラシュー 坂4本
栗坂 52.4-38.3-24.7-11.9 仕掛け
3着モズカッチャン 坂4本
栗坂 57.0-41.4-26.2-12.6 馬なり
併走馬に先着
 
2016年
1着ヴィブロス 併用4本
栗坂 54.0-39.7-25.8-13.0 G前強め
2着パールコード 併用7本
栗芝 65.6-51.1-36.6-11.7 馬なり
3着カイザーバル 併用5本
CW 52.4-39.0-12.3 馬なり
 
2015年
1着ミッキークイーン 併用4本
CW 54.3-39.3-11.9 仕掛け⑧
2着クイーンズリング 併用4本
栗坂 54.6-39.6-25.0-12.4 馬なり
3着マキシマムドパリ 坂3本
栗坂 54.5-38.9-24.9-12.3 馬なり
 
 
調教パターンは、併用9頭、坂路5頭、W1頭。
昨年、W調教オンリーのクロノジェネシスが馬券内に来たことで何でも有りになりましたね。
ディアドラ、ミッキーチャーム、シゲルピンクダイヤあたりは併せ馬をしていませんでしたが、他の馬は併せ馬をしていましたので、Wコースなら追走からの併入or先着していると期待できます。
ヴィブロスの時はまぁ低レベルでしたが、ヴィブロスが併せ馬遅れにバタバタの調教内容から優勝。
ディアドラも坂路でそこまで好タイムを出さずに優勝しており、あまりこのレースは調教を過信しない方がいいかもしれません。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
☆脚質傾向
 
2019年
15時 北5m 16時 北北西5m 晴れ☀️稍
1F12秒3 3F34秒6 5F58秒3 1分59秒9 M
12.3-10.7-11.6-11.8-11.9-12.7-12.5-12.0-12.3-12.1
中差ー内捌中差ー中捌外追 5-8-14
 
2018年
15時 西南西2m 16時 北東3m 晴れ☀️良
1F12秒1 3F35秒7 5F59秒6 1分58秒5 M
12.1-10.9-12.7-12.1-11.8-11.9-11.8-11.5-11.8-11.9
外差ー逃ー外差 11-1-13
 
2017年
15時 無風 16時 北東1m 雨☔️重
1F12秒2 3F35秒6 5F59秒1 2分0秒1 H
12.2-11.0-12.4-11.9-11.6-12.0-12.1-12.5-12.1-12.4
内捌差ー外差ー内先外捲 13-9-4
 
2016年
15時 東南東4m 16時 東5m 晴れ☀️良
1F12秒4 3F35秒8 5F59秒9 1分58秒6 S
12.4-10.5-12.9-12.2-11.9-12.6-11.7-11.4-11.3-11.7
外差ー外差ー外差 8-7-5
 
2015年
15時 西北西4m 16時 北西4m 晴れ☀️良
1F12秒0 3F33秒8 5F57秒4 1分56秒9 M
12.0-10.5-11.3-11.6-12.0-12.3-11.9-11.8-11.6-11.9
中捌差ー外追ー外先 8-14-5
 
 
アーモンドアイを除くと、勝った馬は大体道中はインに潜んで、4コーナーのばらける所を上手く捌いて差してくる感じですね。
18番だったミッキークイーンも、4コーナーまではインから2頭目の位置にいて包まれそうな危険なポジション取りでした。
抜けている馬は、外を回して直線一気差しですが、実力が拮抗している時は、少しでも内を回した方が良い。
今年のデアリングタクトに関しては、テンの脚がない為、確実に後方から競馬することになりますが、果たしてアーモンドアイのような切れる脚を使えるでしょうか?
ペースに関しては、M以上になることが多く、前の馬にはきつい。
ミッキーチャームの素質&川田騎手の絶妙のペース感覚が合ってはじめて馬券内に来るレース。
前に行く馬を軸にするのは危険。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
☆データ
 
オークス出走馬
 
昨年、一昨年とオークス2桁着順の馬が好走。
オークス掲示板を外している馬が4頭いたが、全て前走は掲示板内。
オークス、前哨戦どちらも掲示板外はマイナス。
 
オークス、前哨戦ともに掲示板外
 
アブレイズ
ホウオウピースフル
 
 
 
②-1前走(ローズS組)
 
前走ローズS組に関しては昨年のデータが使える。
前走ローズSから馬券に絡んだのは、過去5年で7頭。
7頭中6頭は、ローズSで3コーナー5番手以内に先行していたか、上がり3位以内。
唯一の例外は、2017年3着モズカッチャンだが、これはオークス対馬で、G1連対するような馬は入れておきたい。
 
☆前走ローズSで3コーナー5番手以内か上がり3位以内に該当しない馬
 
オーマイダーリン
クラヴァシュドール
 
 
 
②-2前走(紫苑S組)
 
過去5年、紫苑Sから馬券に絡んだ馬は4頭いるが、3コーナーで不利を受けて、直線でも前が詰まったパールコード以外は、紫苑Sで上がり3位以内か残り3F3番手以内の先行。
 
☆前走、紫苑Sで上がり3位以内か3番手以内の先行をしていない馬
 
パラスアテナ
ホウオウピースフル
ミスニューヨーク
 
 
 
②-3前走(条件戦組)
 
過去5年、前走条件戦から馬券に絡んだのは2頭。
2頭は上がり1位かハナを切って上がり2位。
基本的に上がり1位の馬だけで大丈夫だが、ハナを切って速い上がりを使った馬は要注意。
 
☆前走条件戦で、上がり1位か、ハナを切って上がり2位以内以外の馬
 
該当馬なし
 
 
③近走
 
過去5年、馬券に絡んだ15頭中、14頭は、近2走内に重賞で上がり5位以内がある馬。
唯一の例外は、昨年2着のミッキーチャームだが、ミッキーチャームは前走3馬身差以上の圧勝。
条件戦を圧勝してきている馬は消せない。
 
☆近2走内に重賞で上がり5位以内が無い馬、近走条件戦で圧勝していない馬
 
アブレイズ
オーマイダーリン
クラヴァシュドール
ラヴェル注1馬身差以上の快勝あり
サンクテュエール
ダンツエリーゼ
フィオリキアリ注1馬身差以上の快勝あり
ホウオウピースフル
マルターズディオサ
ミスニューヨーク注1馬身差以上の快勝あり
レイパパレ注1馬身差以上の快勝あり
 
 
④ラップ
 
専門的ではなく、大雑把な傾向で申し訳ないが、近5年を平均すると、基本的にテン1F12秒台前半ー3F35秒台ー5F59秒台の速めの前傾ラップになることが多い。
外回りのスローペースとは根本的に違うので、1800m以上のレースで、5Fを1分切るような速めの流れを経験し、好走している馬に注目したい。
 
☆1800m以上のレースで前半5F1分未満の速めの流れを経験し、3着内に好走(近3走)
 
アブレイズ(フラワーC)
ウインマイティー(オークス)
ウインマリリン(オークスフローラS)
ラヴェル(1勝クラス)
デアリングタクト(オークス)
パラスアテナ(ラジオ日経賞)
ホウオウピースフル(フローラS)
ムジカ(1勝クラス)
 
 
 
⑤血統
 
父は大系統サンデー系が9頭。
キングマンボ系が2頭とこの2系統が主力。
ただ、父サンデー系でも勝つのはディープインパクト産駒で、ハーツクライなどのTサンデー系は2着までしかなく、Pサンデー系も3着が最高。
重馬場だった2017年と2016年に父ハービンジャー、エンパイヤメーカーなどが来ているが、いずれも母父がサンデー系かキングマンボ系なので、基本的には父ディープインパクト、父Tサンデー系、父キングマンボ系、この3系統から軸馬は探し、馬場が重い時は母父にサンデー系かキングマンボ系が入っている馬。
4Lでは、ヌレイエフ系、ダンチヒ系の複勝率が高め。
瞬発力より、スピードの持続力がモノを言うコースですので、どちらかといえば欧州血統を母父、母母父に持つ馬が良く、母方がスピード血統だらけの馬は敬遠したい。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
さぁ、一応上の消去法で残ったのは6頭。
デアリングタクトは当然残りましたので、2着、3着争いが焦点‼️
抽選対象馬が1頭おり、除外されれば馬券的には買いやすくなりそう。
京都ということを加味すると、先週も言ったようにメジロマックイーンダンスインザダークなど、京都で悲願のG1勝ちをした馬の血に期待したいですよね。
 
 
ィー
 
母父カコイーシーズ(0.1.0.7)
 
和田騎手
五十嵐忠厩舎(2.0.0.26)

消去法で残ったのもありますが、この馬は前走紫苑Sを見た時から『秋華賞で馬券になりそう!』と思っていました。
その前走は全く騎手もやる気は無いように見えました。
スタートで若干出遅れると、無理には行かず、向正面では後方3番手。
3コーナーから押して、大外を回しながら脚を使って6着。
これまでが先行して好位から抜け出しの馬が全く違う競馬で6着まで来たなら、マルターズディオサやパラスアテナより評価しようと思っていました。
出遅れ癖がついたら嫌ですが、まともにゲートさえ出て、好位追走なら普通にデアリングタクト以外の馬には負けないはず。
血統は、父ゴールドシップに父母父メジロマックイーンと2代菊花賞馬の血が流れています。
先週の日曜日になって馬場が回復し、京都大賞典もそこそこの時計がでましたが、今週末にもう一回雨が降りそうなら、この馬向きの時計がかかる馬場になるかもしれません。
和田騎手も京都、阪神ではとにかく信用できますし、デアリングタクトの相手には最適と見ます。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
いかがでしょうか?
まずはデアリングタクトの3冠に期待がかかりますが、個人的には敵なしと見ます。
後は、いやらしいJRAの抽選で1枠などが当たらなければ良いのですが、、、
では、現時点での印。
 
◎デアリングタクト
○ウインマイティー
▲ムジカ
☆リアアメリ
注ソフトフルート
△ウインマリリン
△マジックキャッスル
 
詳しくは次回の最終予想で書きます。
良かったらご覧ください。
 
 
⬇️クリックとブログインもお願いします⬇️
 
 
 
 


最強競馬ブログランキングへ

 
 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
 


競馬ランキング